無農薬で健康生活

虫を寄せ付けない農法

無農薬で虫を寄せ付けない農法

日本の農業は戦後の高度成長期に大きく転換し、それまでの人手と有機肥料に頼った農法から、農業機械を用いての農薬と化学肥料を前提とした方法へと一新されました。
しかしその後残留農薬の被害などが社会問題化し、近年の消費者は無農薬、減農薬によるコメや野菜を求めるようになってきています。
全く農薬を用いずに有機肥料だけでコメや野菜を栽培する農家は増えています。
また、そこまでいかなくても収穫の効率性という点を考え、収穫から流通の段階で残留農薬量を基準以内に完全にコントロールし、その前提として栽培段階における農薬使用を可能な限り抑える減農薬による農法がまだ多数です。
また、かつて社会問題化した農薬の害が、化学合成により製造された自然界にない化学物質によるものだったことから、ヒトや環境に優しい農薬として、生薬由来の有機農薬も開発されています。
これも無農薬栽培の一種と考えてよいでしょう。
それを用い、有機農薬を主、化学農薬を従とし、さらに有機肥料によって植物本来の力を引き出し、虫を寄せつけない栽培方法なども、工夫されています。

無農薬栽培に使われる虫

美味しくて安全であり環境にも良い野菜の需要が伸びているのですが、その美味しさと環境面を両立するには一般的な農業で使われる農薬を使わない無農薬で育てることです。
無農薬で育てる場合土の状態や良いことで栄養面やおいしさが増すのですが、しかし無農薬であることによって栽培法を間違えると病気や虫害によって収穫が得られなくなります。
そこで無農薬で育てることを考えた際に、その収穫量に大きな影響を及ぼす物に対して効果を発揮するのが益虫をりようすることです。
益虫は食物連鎖の中で植物を食べるタイプよりも上位に位置する植物を食べる物を食べる肉食タイプを利用して、植物を食べるタイプが多くなる前に畑に広げることによってバランスを保つようにする農業方法です。
植物を食べるタイプは収穫量を落とす原因になりますが、実際には食べる部分は植物にとって弱っている部分から食すため植物にとって健康に良くさらに食べられる危険から特殊な物質を分泌するのですがそれ時代も体に良いものです。
しかし植物を食べるタイプが多いと健康な部分も食べてしまうため、そこで肉食タイプをバランスよく畑に話すと植物の生育に良い条件となって栽培することができます。

おすすめWEBサイト 5選

マンスリーマンションを東京で見つける
https://www.tokyo-monthly.jp/

2017/4/14 更新