無農薬で健康生活

無農薬野菜の栄養価

食の安全のために選ぶ無農薬野菜の栄養価

野菜などの作物食べるときに、残留した農薬を口にするリスクを避けるために、無農薬野菜のほうが好まれます。
ですが、栄養価を見てみれば、必ずしも無農薬野菜が良いというわけではありません。
というのも、栄養価は天候やどの程度熟しているのか、農法や肥料などが影響するものだからです。
どちらも変わらないという実験結果もあれば、一部の作物においては無農薬のほうが上だという意見もあります。
その結果、科学的に無農薬であることがすなわち栄養価が高いという結論付けることは出来ていません。
今後はどうなるかわかりませんが、現時点で農薬の有無は、あくまでも環境および人体への影響を考慮するための選択肢とするのが、合理的なやり方です。
個人の信条で、客観的な事実を無視してしまわないように注意をしなければいけません。
その上で、どうしても、気になるのであれば、店で野菜を購入するときには、農薬の有無とともに、熟しているかどうかなど、その質を見極めて購入するが最善です。

無農薬の場合、栄養価は高いのか

「農薬は危険」――この考えが人口に膾炙してから、もう何十年という時が経ちました。
女性科学者レイチェル・カーソンの著した「沈黙の春」によって、危険性の認知度は爆発的に上がったと言っても良いでしょう。
今では様々な国の富裕層の多くが、農薬が使用された作物ではなく、無農薬のものしか買わないという状況です。
また、富裕層ならずとも、家庭菜園で農薬を使わずに栽培したものを食べている人は数多くいます。
無農薬作物――オーガニックが農薬を使用した作物より安全なのは言うまでもないこととして、その栄養価は果たしてどうでしょうか。
確かに、一部の野菜、例えばトマトの栄養価をオーガニックと農薬使用で比較してみたところ、前者の方が高かったというデータはあります。
しかし、一方で、無農薬栽培された作物の栄養価が高いことを示す証拠はないと、スタンフォード大学が過去に発表しています。
また別所では、作物の出来は天候や熟れ具合、使用した肥料など多くの条件によって左右されるものであって、農薬の有無には拘わらないとも言われています。
オオーガニックは、あくまで環境・健康での安全性を期待する意味で購入した方がよさそうです。

Valuable information

最終更新日:2017/12/1